コンピューターウイルス

コンピューターウイルスには、感染経路や感染後の行動によって、さまざまな種類に分けることができます。

今回は、代表的なコンピューターウイルスの種類とその危険性をご紹介します。
正しい知識を身につけて、セキュリティー意識を高めましょう。
ワームとは、インターネットやUSBメモリーなどを通じてコンピューターに感染し、さまざまな被害をもたらすウイルスです。
インターネットの中を虫のように這い回って、別のパソコンに感染していくことから、ワームという名前がつけられたと言われています。

ワームは、その強力な感染力により被害を拡大していきます。ウイルス付きのメールを知らないうちに大量に送ってしまうという手法が典型的です。
パソコンからパソコンへと感染していくため、感染スピードが速いことが特徴です。


トロイの木馬

トロイの木馬は、ギリシア神話に登場するトロイの木馬になぞらえて名前がつけられたウイルスで、ユーザーにとって便利なソフトや楽しそうなゲームのように見せかけて、それを実行するように仕向けます。これにひっかかって実行をしてしまうと、トロイの木馬に感染してしまいます。

トロイの木馬に感染すると、個人情報を盗まれてしまったり、コンピューターの設定を勝手に変えられてしまうなどの症状があらわれます。

ワーム



トロイの木馬



フィッシングウイルス



コメント


認証コード3858

コメントは管理者の承認後に表示されます。